自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

小さきものは、いとをかし

出遭いは4年前、2018年の秋。

場は、リニューアルオープンしたIDEE梅田店さんだった。

その色彩からは大好きな陶芸家、ルーシー・リーを彷彿とさせられた。

 


竹村良訓さん。

朝ぼらけ、ピンクコーラルのようなニュアンスあるペールピンク、ひだまりのようなレモンイエロー、覚めるようなターコイズブルーなどが印象的な作陶家さんだ。

 

マルタンマルジェラを着こなす経営者さんがたと、釘付けになって印象を語らい、手にとっては選択しあった。


わたしはバハマのピンクサンドビーチにすぐ同期できそうな卵サイズの一輪挿しと、シックでありながら星屑を散らしたような膚のドーンパープルとコッパーのツートンのデミタスカップ&ソーサーをチョイス。

f:id:amechical:20221023153051j:image

 

f:id:amechical:20221023140625j:image

いけばなののこりばなが喜ぶ

f:id:amechical:20221024151957j:image

 

f:id:amechical:20221023140647j:image

アイスの実」ぶどう味と、心斎橋長崎堂さんの「クリスタル・ボンボン」


オブジェとしても愛でられるフォルムと色彩とは、さながら火気要らずの焚き火だ。

 

f:id:amechical:20221024114600j:image

f:id:amechical:20221023163757j:image

調和しつつも存在感を保てる品の佳さ


一輪挿し、デミタスカップ

その主たる用途を超えて、心を遊ばせている。

f:id:amechical:20221023140742j:image

妖精さん

シャインマスカットひとつぶ。

 

f:id:amechical:20221023140801j:image

ウェスティン大阪の「新食感」焼き菓子こと、モワルー・オ・ガレット

f:id:amechical:20221024213700j:image

f:id:amechical:20221023140837j:image

この星屑のような膚は、さながら掌サイズのプラネタリウム

 

今度は、きのこの山を容れてみようっと。


小さきものは、いとをかし。

f:id:amechical:20221023140607j:image

 

竹村良訓さん

#takemurayoshinori #yoshinoritakemura

#作陶 #design #art

https://instagram.com/takemurayoshinori?igshid=YmMyMTA2M2Y=

 

IDEE梅田店

 

バハマ ピンクサンドビーチ

 

アイスの実

 

きのこの山

 

長崎堂 クリスタルボンボン

 

田辺聖子 苺をつぶしながら

 

ウェスティン大阪