自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

混沌は混沌のままで

2022年も半ばを過ぎて。

生まれて初めて、VOGUE を購入した。



7月号はSOUND + VISION

目当ては宇多田ヒカルさんの、ジェーン・スーさんによるインタビュー記事こと、カバーストーリー「音楽と私」だ。

 

f:id:amechical:20220602192021j:image


コーチェラも鑑賞していたし、主題歌を手がけられた映画シン・エヴァンゲリオンも観た。

実は一連のエヴァシリーズは全く触れたことがなかった。けれど、プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明スペシャルに持ってかれた。それが鑑賞の初動であり、大きなスクリーンの音響で初めて聴く宇多田ヒカルの歌声だった。

 

宇多田ヒカルさんのインスタライブも観た。「(おこさんの食べ残した)残り物がわたしは好きだから」とのひと言と、「ぷかぷか系で(いいじゃん)」。これが印象に残っている。


宇多田ヒカルさん。その登場は鮮烈で、それこそAutomaticにアクセスされた。

同時に、その繊細さにヒリヒリとした。わたしはエゴン・シーレの絵画を観るとリアルに痛みを感じるのだが、それと似た感覚になる。

 


誌面によれば、スーさんはデビュー当時からの宇多田ヒカルファンだとのこと。大好きなアーティストへのインタビューだなんて、距離感がバグりそうだけれどもそこはプロ。英語の微妙なニュアンスの理解もおありだから、深みを増したと推察。


必読、としか言いようがない。

言葉を尽くす中での、距離感と余白とが倍音を増幅させる。

 

アイデンティティもグラデーションという主旨の論文をものしたことがあるが、感情もグラデーション。混沌は混沌たるままに。目鼻を付けたら、死んでしまう(「混沌」の故事成語より)。

 

f:id:amechical:20220602192048j:image

CONTRIBUTORSページ

クリエイターたちへの敬意が感じられて素敵

 

他の記事もよかった。

「人形」についての論考などは特に。

ハイブランドとは無縁だし、と手に取ることすらなかった雑誌だけれど、よい出遭いになった。