自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

愛用イヤリングと向こう20年も一緒に作戦

レジン工作デビューしました。

友達から誕生日プレゼントにもらった、イヤリング。気に入っておりまして、文字通り長年愛用。何回か落としたのですがすぐ見つかったり戻ってくるし、接着面がゆるんでも、金具が外れても修繕しては装い続けてきました。

 

愛用が過ぎてとうとう、留め具の支え部分がご卒業に。パーツの底面を覆う金属との接着方法の根本的な改善も検討するべく、手芸の聖地へ。

 

提案されたのが、レジンによる接着です。価格も手頃になった点も、おすすめ理由とのこと。パーツの素材である樹脂に、適した接着剤は無い、ということでした。さらに、ググった結果レジンは接着剤として開発されたわけではないという事実から判断した、私の最適解は「瞬間接着剤×レジンコーディング」のダブル使い。


パーツと底面の金属を剥がし、古い接着剤の痕をひたすらこそげとる。スタッフさんによると、この作業をいかに丁寧にするかが命とのこと。

 

たまに破片が飛び、頬を叩きます。それが戦闘ものの射撃シーンみたいで、じわじわ痛い。

気分的には映画「セーラー服と機関銃」の、かの名シーン。

 

瞬間接着剤をたっぷりめに落として留め具を接着後、硬化に24時間放置。いよいよレジンでコーティングへ。耳にあたる留め具の部分はたっぷりと。爪楊枝で表面を適当にならして、縁にもゆきわたらせて。UV1分間照射を、念のため2回して半日放置。

 

f:id:amechical:20220107135235j:image

 

見た目も十分やないか。パーツ底面の金属が無くなったことで、素材の透け感もはっきり出てる。

本年もたくさん、わたしのそばにいてください。

 

映画 「セーラー服と機関銃

薬師丸ひろ子さんのこの頬の流血は、機関銃乱射時に実際に受けた生傷だったとか。

https://www.kadokawa-pictures.jp/official/serahukutokikanjyu/