自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

This is me!

明日から冷え込むらしいタイミングで、7年前の日記が発掘されました。

当時、一世を風靡したレリゴーこと、映画「アナと雪の女王」主題歌、"Let it go"を関西弁で訳してみたやつです。知人の範囲内でシェアしたところ爆笑を呼んでしまい、まあまあええ仕事をしたんちゃうやろかと満足した覚えがあります。

 

改めて眺めてみても原詩のニュアンスは、我ながらなかなかよく表現できてるかもしれない。

実際に歌えるように、音も割と当ててるし。

それにしても関西弁のマ行とナ行とハ行の音韻の織りなす世界線、包摂力はつくづく凄まじい。この深奥さに一生、わたしは魅了され続けるんだろうな。

 

詩の内容に話を戻します。

実感としては雪の女王ことエルザのこの心情って、いわゆる「「第一子の長女さん」あるある」でもあるかなと。

今も日々、ふんばっておられる全国の第一子の長女さんがたへ、特別の敬意を表して。

 

 

【完成】
Let it goをフルバージョン、訳してみました。

もうすんだこと、と割り切るまでの葛藤。
あるあるですよね。

どなたかに歌い上げて頂きたいです。

***********************
今夜の雪は ごっついわ
ぼっちの王国の 女王や私
吹雪いてるわ 私の心も
やるだけはやってみてん

スルーやで いつでも
いつもええこで おりや
無理からのおすましが
…ばれた!

せやろ せやろ
もうほっといたって
ドアを ばっしゃー
閉めてきたった
『やらかした』ゆうたらええ
吹雪いたらええ
もとから寒さは感じへん

笑けるわ ここまで来てみたら
怖いもんなし、みんな ちっさいわぁ
今からや ここからや
ふりきってみたるねん
自由やもん やれるだけやるで

せやろ せやろ
空も風も私の味方
せやろ せやろ
もう泣かへんで どない?

ここにいてるんやし
これからもやし

空気も地面も 力で染めたる
そこらの結晶に 魂ぐるっぐる
クリスタルなみ 想いはかちかち
戻らんで絶対
もうすんだこと!

過去は過去や
今の私は夜明け前
過去は過去や
完璧少女はおらん
ここにも 光は射してる
吹雪いたらええ!

寒さはもとから感じへん