自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

2021.11.28 新幹線と鉄道コレクション

子供の頃、富士山は富士さん(さん付け)だと思っていた笑 今もその気持ちは変わらないの。気高くて、残酷で、美しくて。畏怖という言葉が似合う様子の良さ、辺りを払う存在感だから。

f:id:amechical:20211129114325j:image

最も眺めがよいとされるひとときは目に焼き付けておきたかったから、遮蔽物が途切れ出した直後にさっと撮影して、車窓におでこをくっつける勢いで鑑賞笑。晴れ女でよかったし、E席が取れて感謝。

 

数年ぶりの東くだりかつ初めての京橋エドグランさま来訪。建築そのものの佇まい、お祭りの神輿、クリスマスツリー、総て品が良かった。こちらには、「コレクション」も展示されている。

f:id:amechical:20211129114243j:image

ご開業5周年とのことで、アンバサダーでもあられる世界的コレクターの北原照久さんのメッセージ、20回に渡る「KITAHARA COLLECTION」展のポスターとその概要もあった。

 

記念の動画のPart.1も投稿しておられます。

https://youtu.be/wbAj7ywt1zU


現在の展示のテーマは「鉄道」。ショーケースそのものからも、ガラスひとつとってもこだわりを感じた。あえて、こどもさん目線を体感したくて中腰で鑑賞したりした。
おもちゃ博物館は、ザルツブルクなどでも鑑賞したことがある。「こども」という存在の社会的な誕生とその扱いの変遷を考えさせられ、奥深い印象を受けたことを思い出した。

急行か特急かが走り始めた頃に、鉄道会社にクレームが届いた話も思い出していた。訴えの主旨は「電車に乗っている時間が楽しいのに、乗車時間が短くなった上に料金が割高になるとは何事か」と。


夢の超特急こと新幹線から富士山を眺めるひとときは、確かにそのような気持ちに近いときがある。減速してほしい笑

 

#京橋エドグラン #kitaharacollection #北原照久

#鉄道