自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

あなたのカードは実はもう持ってるのよ。

そのカードは実はもう持ってるのよ。
そのカードを見つけるタイミング、
使うタイミング。
これを知っているかどうか。

「持ってへんし」。
そう思っている限り、
そのカードは見つからない。
当然、使うこともない。

「できる。」「持ってる。」という
前提でまず動くこと、考え抜くこと。

「できへん」をデフォルトにしてたら、
できるものもできへんのん。
そもそも探す気もないなら、
カードが見つかるわけがない。

あるよ、持ってるよと言ってもらえても
触りもしないよね。
当然、ゲームに参加しない。

できないんじゃなくて、しないだけ。
「しない」のもまた1つの選択だから、
自由意思だけどね。


(そこでぐるぐる回ってろ。)

って、いつも思う。