自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

トウキョウを撃て。

一年前の本日の投稿をrepost.

 

大学の、古書コーナーで手にしたのが出合い。天安門事件そしてベルリンの壁が崩壊した1989年、ご活動開始から5年のタイミングで上梓された書。

 

筆は、サンダルのワークショップ開催と自走する生産体制の確立のエピソードといった現地でのご活動の他、近代化、地政学、宗教、政治、経済、技術革新、精神性にまで触れることで『オメラス』という事実について活写してゆく。

 

蝶を愛してかの地に赴き、「濃密な人間」に向き合い続けられた、「余りの不平等という不条理に対する復讐」。終章「トウキョウ」を撃て、を今、読みなおせて感謝。R.I.P

 

Dr.Tetsu NAKAMURA passed away,R.I.P.

His great works told me about our "Omelas",---The Ones Who Walk Away from Omelas written by Ursula K. Le Guin.

The place "we" go towards is a place even less imaginable to most of us than the city of happiness?