自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

織物というcode

御池のHOSOO galleryさまに先日、伺いました。

https://www.hosoogallery.jp/

私自身、織物は回路図のように視えています。

そのように発言してもなかなか同意は得られなかったのですが笑、こちらでは我が意を得たりでした。

プログラミングというとどうしても無機的なものを想起しておりましたが、そこに拡がっていたのは水面、木目、木漏れ日、木霊などを想わせる有機的な、山紫水明の世界。

黒ってこんなにも豊かだったのかと境界が揺らぐ心地で、見飽きませんでした。

建築自体も一流メゾンそのものの贅と粋で静謐な空間で、日常が調律される心地。

龍安寺の石庭のようなパースペクティブのお席で、余韻を堪能しました。

f:id:amechical:20201123172218j:plain

追記

黒川先生のZOUチェアも許可を得て座らせて頂きました。

毎週金曜日「未来の遺言」のYouTubeとnoteを拝聴/拝読しているので、なおのこと新鮮かつまるで仏様のたなごころをお借りしたかのような座り心地。

f:id:amechical:20201123172332j:plain

f:id:amechical:20201123172138j:plain