自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

起点となった読書

子供の頃に夢中で読んだご本、野尻抱影先生の「星座のはなし」。
望遠鏡を買ってもらって、青白くトパーズのような色彩を湛えたお星さまを見つけたときの感激は今も色褪せない。ほんのわずかに望遠鏡をずらしてしまって、そのお星さまが見えなくなってしまったときの切なさも。

このご本からギリシャローマ神話に入り、ルネサンス絵画と建築に夢中になった。膨張宇宙説を知ったのもこのご本。数十年後にインフレーション理論の権威、佐藤勝彦先生ご本人と直接お話する機会を頂けたことも感慨深い。