自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

本年も半ばを得て

2019年も無事に半ばを与えられました。

梅雨はまだ続きそうです。雨が似合うのは紫陽花でしょう。属名のハイドランジアは、ギリシャ語で『水の器』を意味するのだとか。

紫陽花の魅力のひとつは、自分が置かれた土壌の性質で色が変わることです。

自分の育まれた場所を肯定して、誇っている感じがするからです。

今ここにあることを拠り所として、自分に出せる色で生きてる。道理で様子がいいわけですね。