自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

リーダーシップの素数は心柄

とても貴重なお話を拝聴しました。
十数億円予算(それでも破格の安さとのこと)の、世界初の成果が狙える画期的な建設プロジェクトが見事成功。ローンチ記念の場の挨拶で「(リーダーの)〇〇さんの、こんないい加減な計画で成功するとは」との一言があったとか。

〇〇さんにどれほどのご人望があったのかと感じ入ったので、ご当人にそのように申し述べたところその場に居合わせたかたからは、「もうひとつの考え方としては、いい加減なようにみえて、実は緻密な計画だったということもある」とのご発言も。

予算を獲得すること、交渉すること、説得すること、とにかくこの人となら大丈夫だと信を得ること。innovationを起こす素数とは何かを改めて。

他者に理解と支援を求めるには可視化が要求されがちですが、「未知」「究理」のプロジェクトの場合はターゲットそのものが不可視のため透徹したlogicに裏打ちされた仮説と「ある」と信じ切る胆力、粘り強い説得しかない。
そして、心柄。隠徳と明朗さが最後にはこれを可能にするのだと思う。

とりやまみゆき