自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

何が写りどう解釈するのか

NASAが新型の宇宙望遠鏡の打ち上げを2023年に計画しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00010000-sorae_jp-sctch

京都の花山天文台は、アマチュア天文家の聖地として名高い。星とのエピソードは、平安時代にまで遡れる土地柄なのだとか。
ここにはかつて、アマチュアながら「名人」がおられました。私たちの暮らしにも、ごく普通にあるものの「名人」です。

それは「鏡」
さるお寺の住職が望遠鏡の命である、「鏡」をみがく達人だったそうです。
わが国では「三種の神器」のひとつでもあり、望遠鏡の核である、鏡。いまや望遠鏡も宇宙空間へと放たれる時代。

生命の起源に迫ることもmissionのひとつとする宇宙望遠鏡の打ち上げは5年後。
そこに何が映り、わたしたち人類は何を見つけ、その情報をどう解釈するのか。
それは私たち自身が映し出されるということかもしれない、と捉えています。

「住職さまが望遠鏡の鏡を磨いた」という史実は、メタファとして強いインパクトがあります。

とりやまみゆき
Miyuki TORIYAMA