自分の名前も忘れるほど

あめちかる storyteller 鳥山美由紀( とりやまみゆき Miyuki TORIYAMA ) のブログです。

今をときめく、米津玄師さんも同じ

米津玄師さんが多数の顔を持つ「新しいタイプのアーティスト」だと、注目されているようです。

https://lrandcom.com/yonezu/

一人三役。
私がかつて、肩書きに用いていた単語です。以前は名刺にこのように印刷していました。文字通り、複数の役割をこなす立場を意味しています。

世間様には1つのことを貫くことが尊い、それ以外は邪道とまで扱われてきた風潮があるように認識しています。
しかしながら人はもともと、いくつもの顔を持ちあわせているのではないでしょうか。

アバターが注目を集めたり、例えば「〇〇(趣味)専用アカウント」のようにSNSアカウントを複数取得するのは、その証左かと。
また、例えば働く女性で子供を授かっている方なら娘・義理の娘・妻・姉・妹・義妹・義姉・母・社会人、と複数の顔を持っている場合が少なくないでしょう。

それと同じように私も、共感をcode化するstoryteller、細分化するとプランナー、コンセプター、ビジネスステラテジスト、キュレーター、プロデューサー、マーケター、デモンストレーター、プレゼンターその他、そしてアーティスト、絵本作家、いけばな師範、NASA Space Apps Osaka founderという顔を持っている、ただそれだけのことなのです。

余談ですが「働き方改革」もその焦点はただ残業を減らそう、というような話ではなくて、本来の人間のありように立ち戻ろうということが本質なのだと考えています。

とりやまみゆき
Miyuki TORIYAMA